WHO WE ARE

存在意義

Purpose

LEAPHという社名は、LEAP(飛躍)とHappy(幸せ)の頭文字をとった言葉です。

会社の活動を通じて、クライアントや社会の飛躍的な成長に貢献し、ひとりひとりが幸せを感じる社会を創っていきたいという想いがこめられています。

また、クライアントの成長に貢献することで、私たち自身も成長し、その成長が別の新しい価値を生み出していける組織でありたいと思っています。

Mission

昨日より、ちょっと良い社会を創ろう。

私たちは、広告代理店でなければ、制作会社でもない。

社会やクライアントの課題解決カンパニー。

マーケティングやクリエイティブ、DXも課題解決の手段。

クライアントのために、口だけでなく、一緒に考え、手を動かし、

理想を追求し、実現する支援をていく。

常に社会の動きと、技術の進歩、先行事例をキャッチアップしていく。

知恵と行動で昨日より、ちょっと良い社会を創っていこう。

Promise

社名であるLEAPHの文字それぞれには意味が込められてあり、クライアント企業、社会、私たち自身に対して約束をします。

Leadership – 成功へ導くリーダーシップ –

ただのクライアントの御用聞きでなく、一人一人が主体性を発揮し、時にはクライアントが迷っている時でも進むべき道をご提案し、より複雑で難易度が高い課題でも、自社以外のあらゆるプロフェッショナルを巻き込み、クライアント企業を成功に導くとともに、私たち自身が社会の良きロールモデルである事を目指します。

Execution – 結果につながる実行力 –

アイディアの提供やアドバイスだけでなく、クライアントや社会の課題の解決にフォーカスし、実行まで支援します。

Appreciation – 感謝される成果 – 

LEAPHの「売上」は「解決した課題の総量」であり、「感謝の総量」であると位置付けています。自分たち都合の提案をせず、クライアントや社会の課題にフォーカスし、成果に貢献します。

Partnership – 伴走するパートナーシップ –

クライアントとの関係は「買う側と売る側」の対立構造ではないと考えます。クライアントの目指す姿に向かって、クライアントのリソースと自社の持つリソースを最大限に活用し、クライアントの目指す姿の実現を支援します。

Happiness  – 昨日より、ちょっと良い社会  –

クライアントや社会の成長に貢献し、昨日よりも、ちょっと良い社会を創って行く事を目指します。

D&I Policy

私たち一人一人が、社会のリーダーとして「多様性」を認識し、受け入れ、尊重していくことで、少しでもあらゆる人々にとって、良い社会を創って行く事できると信じています。

・ジェンダー、宗教、国籍、人種、年齢、身体的特徴、価値観など、あらゆる多様性を受け入れられる組織創りをして行くこと。

・他者への理解が十分に出来ていると慢心せず、常により理解しようと努力すること。

・表現活動において、全ての人々を尊重し、傷つけたり、配慮に欠けた表現をしないこと。