column

LEAPHコラム

お知らせ詳細の内容

2024.01.16

「地域経済の強い”点”を創る。」とは

中長期ビジョンとは?

LEAPHは中長期ビジョンとして、「地域経済の強い点を創る- Empower Local Economy-」を掲げています。

私たちはこの中長期ビジョンを、PCP(Purpse、Core Value、Promise)の下位概念に位置づけています。

〈PCPについて〉

PCPは社会や市場が大きく変わっても、変わらない価値観・考え方として大切にしていきたいと考えます。

一方でビジョンは、社会情勢や市場によって変化すると考えるため、ある程度の変化・転換を視野に入れて定めています。

たとえば、世界的な企業であるTOYOTAはもともと機織り機を製造する会社でしたし、今や世界的に愛されているNintendoも花札やトランプを作る会社でした。

このように、時代によって社会に求められる事業は変わってくるからです。

変わらない価値観・考え方をもとに、中長期(近しい未来)をどう創っていくか。

LEAPHであれば、Purpose「昨日よりもちょっと良い社会を創ろう」という観点から、どこをどのように「良くすること」に貢献するか。

これを定めたものが、ビジョンだと考えます。

地域経済の「強い点」とは

私たちは、マーケティングや採用の観点から企業の成長をサポートする事業を行っています。

〈過去の解決事例〉

「地域経済の強い点を創る」の”点”とは、地域経済を担う企業や人、地域のブランドを指します。

つまりこのビジョンは、マーケティングや採用の支援を通じて、地域経済を担う企業や人、地域のブランドの成長をサポートし、強い点を創っていくことを表しています。

この強い点が集まることによって地域経済が潤い、静岡が魅力的な面(まち)になると信じています。

▼こちらの記事もぜひご覧ください▼

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000047650.html

ホームに戻る